うつ病の原因を知ることで健康になろう

うつ病の大きな原因はストレス│ストレスの種類とは

気質と性格

カウンセリング

ストレスの感じ方は人それぞれ違います。うつ病の大きな原因と言われているストレスを感じやすい性格や気質を覚えておきましょう。この性格や気質に当てはまる方は注意が必要です。

詳細

病気のタイプ

悩む男性

精神疾患の中でもうつ病の患者は特に多いと言われています。この病気はいくつかのタイプに分かれているのでチェックしておきましょう。タイプによって症状が変わることが原因で発見が遅れることもあるのです。

詳細

治療に必要な事

医者

一般的にうつ病の治療には時間がかかると言われています。長期間に及ぶことが原因で、治療を途中で止めてしまう方も多いのです。しっかりと最後まで医師の指導による治療を続けましょう。

詳細

躁状態の特徴

レディ

うつ病の原因によっては、躁状態が続く可能性もあります。気分の上がり下がりが多く感情のコントロールも難しくなってしまうでしょう。これらを解決するためにも薬物療法などを実践しておくことが大切です。

詳細

ストレスのタイプ

ハートと聴診器

近年、増加傾向が見られる精神疾患の中でも特に多いとされているのがうつ病です。多くの病気は原因を知ることで予防できると言われています。うつ病の主な原因はストレスです。まずはどのようなストレスがあるのか、紹介していきます。基本的にストレスにはいくつかの種類があるのです。社会的ストレスストレスの場合は、主に対人関係から生じるストレスと言われています。学校や職場での人間関係、もしくは仕事や勉強に対する他人からの期待や重圧をストレスに感じるのです。このストレスには、ストレスを感じやすいタイプの人間がいます。それは、几帳面で真面目、そして完璧主義な人間です。このような方は、社会的ストレスを感じやすいとされており、ストレスを感じていても周りの人に相談せずに自分一人で抱え込んでしまうことが多くなります。その為、心が疲れてしまうのです。また、主観的で人とコミュニケーションを取るのが苦手な方の場合は「自分だけが苦しんでいる」と思いがちになります。誰かに相談することを覚えると、気持ちが楽になりますし、客観的に物事を捉えることができるようになれば「自分だけが」と思うことも少なくなるでしょう。考え方を変えるのに有効な方法は医師によるカウンセリングです。もしも、「自分だけが苦しんでいる」と思うことが多く、ストレスを溜めている場合は医師に相談することで問題を解決することができるでしょう。次に紹介するのは、心理的ストレスです。コレは心の感情の変化によって生じるストレスです。例えば仕事や勉強での失敗や挫折、将来や人生に対する漠然とした不安や恐怖などが心理的ストレスになります。また、家族や親しい友人、恋人との別れによる喪失体験なども心理的ストレスを生じさせることがあるのです。この時、悲しみや怒りなどといった感情が湧いてきますが、その感情を自分の中に閉じ込めているとそれがストレスとなります。特に社会人ともなれば感情を表に出す機会も減り、感情を素直に表現することが難しくなるでしょう。ですが、感情を抑え込んでしまうことはストレスを生じさせます。緊張状態が続くと肩こりや頭痛など身体にも異常をきたすでしょう。うつ病の原因となるストレスの種類でも、子供が生じさせることの多いストレスが環境的ストレスです。引っ越しや転校などが原因となります。また、出産や結婚などで家庭環境や生活環境などが変わることでもストレスが生じることがあるのです。子供の場合は、引っ越しや転校などで友達と別れることで喪失体験と併せて、余計にストレスを溜めることになります。感情のコントロールが難しいのでストレスを溜め込みやすいのです。友達と別れるという喪失体験と転校先で馴染んでいけるのかといった不安が同時に押し寄せてくるので、子供の生活環境が変わる場合は細心の注意を払いましょう。うつ病の原因となるストレスは大人だけではなく、子供でも感じるということを理解しなければいけません。